バカすインド天国

ネットの片隅に芽を出した雑草

【シャニマス1stLIVE】涼本あきほさんに恋をしてしまった話

どうも土日の二日間で、一番多く摂取した水分がハイボールでした。しきPです。 

自宅に帰ってからもソッコーでハイボールをキメたので僕はシャニマス界のwawawaを名乗っていくぞ。

 

 

f:id:ardy_low:20190311201625j:plain

THE IDOLM@STER SHINY COLORS 1stLIVE FLY TO THE SHINY SKY』

行ってきましたよー。

 

結論から言うと良かったですね。

1年間真剣にシャニマスやっててよかったです。

それでは、今日もネットの片隅に芽を出していくぞ。

 

解釈違いで殴り合いをするつもりはありません。

俺の信じるアイドルマスター、お前の信じるアイドルマスター、全部等しくアイドルマスターだ。

僕が今言ったんですけど。 

 

 

涼本あきほさんに恋をしてしまった話。

 

二日目昼公園が終わった後にタバコを吸っていると、同行してくれたフォロワーさんが「お手紙を書きたい」と呟く。

急遽イクスピアリに向かいレターセットを買いに行く事に。

僕も溢れるものは土石流のようにあったのですがそこまで至らず、というかお手紙ってスゲー恥ずかしいんですよ。最近字書くことないからめちゃくちゃ汚くなってるし。

しかしながら夜公演までの時間、たしかに出来ない事もないなと。

じゃぁ僕も書くか、ってなわけで昼公演終わった後ビール一杯飲んでバタバタ書き上げました。(飲むな)

今になって思えば、やっぱり出会う人にきっかけをもらったんだなって思いますね。

仕事って普通に自分からガンガン動いていって結果が出るのが大好きなんですけど、それが実生活になるとなんででしょうね。きっかけが無いとなかなか動き出せない。

今回のライブも行きたいとは思っていましたが、なんだかんだこの人が居なかったら僕はCD積まなかったと思います。これまでの詳しい経緯なんかは流石にここには書かないし、きっとまた「自分は何もしてない」って「自分は楽しいよって伝えてるだけなので」って言うんでしょうけど。

それでも僕をプロデューサーに引き上げてくれてありがとう。とお礼が言いたかった。

 

---

 

話が脱線しましたが(オタク、好きあらば自分語りしがち)

手紙すごいっすね。書くこと溢れてきて。

伝えたいんですよね。

二日目昼公演の涼本あきほさんの最後の挨拶が1stLIVEの一番好きな瞬間なんですよ。

 

「夏葉は鏡の中の存在で、絶対に触れることが出来ない」

 

僕たちは涼本あきほさんが自分の事を話すのが苦手なのも知っているし、

話す度に変わった子だと言われるのを気にしているのも知っている。

抜擢されてから髪を伸ばして染めたのを知っている。

今回のライブだって夏葉に合わせた髪型までしてくれたのを知っている。

 

だけど、涼本あきほさんはそれでも有栖川夏葉には絶対に触れられないと語った。

あの涙ながらに語った真実こそ、涼本あきほさんのアイドルマスターだったんだ。

 

僕はあの瞬間に涼本あきほさんに恋をしてしまった。

全公演中で一番泣いた。

 

 

 

初期のニコ生だったりインタビューって演者とアイドルの似ているところをよく聞いてるじゃないですか。

でも時間が経つにつれて、有栖川夏葉を演じる毎に自分とのギャップを感じていく姿、そしてトップを追い求める有栖川夏葉の姿に憧れて今日この日まで惜しまず努力をしてきた涼本あきほさんの姿を勝手に想像してこれを書きながらまた涙してしまいました。

僕はあの時の涼本あきほさんを一生忘れない。

 

アイドルマスターってすごいコンテンツだよな、とここにきて初めて思った。

各々のアイドルマスターに触れる事でこんなに感動を貰えるとは思いもしなかった。

 

---

 

そんな昼公演の涼本あきほさんの挨拶を聞いて手紙をプレゼントボックスへ入れたのですが、最終公演で「今日の私、輝いてたかしら?」と皆に問いかける涼本あきほさん。

皆で「輝いてたよー!」と滅茶苦茶叫びましたね。もちろん僕も叫びました。

 

 

 

「当然でしょう!?だって私は、有栖川夏葉なんだから!」

 

 

---

 

 

涼本あきほ様へ

 

有栖川夏葉と出会ってくれてありがとう。

そして僕と夏葉を出会わせてくれてありがとう。

今日から283プロダクションの新しい第一歩が始まりますね。

新天地での涼本あきほさんと有栖川夏葉の活躍が楽しみで仕方ありません。

 

 

そして、だまゆと同じ作品に出演出来て本当によかったね!

 

あ、最終公演のMulticolored Skyで満面の笑みで手降ってくれたの死ぬほど嬉しかったです。

 

 

 

 

それではまた、283プロダクションで。